鶴田ダム


項  目 内  容 
諸  元  等
ダム名鶴田(つるだ)ダム再開発事業
ダムの所在地(右岸) 鹿児島県薩摩郡さつま町大字神子地区
ダムの所在地(左岸) 鹿児島県薩摩郡さつま町大字神子地区
水系河川名 一級河川 川内川水系 川内川
事業名 鶴田ダム再開発事業
発注者名 国土交通省九州地方整備局
受注者名 鹿島建設株式会社
ダムの型式 重力式コンクリートダム
ダムの目的 F
堤高(m) 117.5m
堤頂長(m) 450m
堤体積(m3) "111,9千m3"
天端標高(EL m) EL162.5m
全体工期(着工から竣工まで) 2014年11月28日 〜 2018年3月30日
休止期間
ダムの特徴 施設改造、増設減勢工に続き、既設減勢工の改修とダム本体の安定性向上対策を行う工事。
転  流  工
工期
転流方式
通水断面積(u)
水路延長(m)
トンネル延長(m)
対象流量(m3/sec)
越流超過確率(回/年)
上流仮締切型式
転流工施工業者名(一括発注、分離発注)
堤体基礎掘削工
工期 2016年4月〜2017年2月
ダムサイトの地質(岩の種類・岩級区分) 砂岩,砂岩・頁岩互層 ・ D〜CH級
堤体基礎掘削量 "65,900m3"
コンクリート工
打設工期 2016年4月〜2018年2月
打設休止期間 6月〜9月(2016、2017)
コンクリートダム本体打設工法 減勢工 RCD工法,柱状
コンクリートダム本体打設運搬設備 ダンプトラック直送,ダンプトラック運搬+クローラクレーン打設
フィルダム洪水吐打設工法
堤体コンクリート打設量(進捗率) "減勢工 58,200m3 /146,560m3(40%)"
RCD工法の場合:RCDコンクリート打設量
フィルダムの場合:洪水吐コンクリート量
暑中コンクリート対策工
寒中コンクリート対策工
堤 体 盛 立 工
盛立工期
盛立休止期間
堤体盛立量(進捗率)(m3)
骨 材 関 係
原石の種類 購入骨材
骨材の岩質・種類・Gmax 岩質 - ・ 種類 - ・ Gmax 80mm
骨材の岩級区分
原石山掘削量(m3)
原石山施工業者名(一括発注、分離発注)
基 礎 処 理
工期
基礎処理長(m)
仮設備関係(配置場所、能力)
骨材プラント
フィルタプラント
コンクリート製造設備 ダムサイト右岸下流,強制2軸3.0m3×1
濁水プラント ダムサイト右岸下流,280m3/h
補助運搬設備
関 連 行 事
転流式
初打設or盛立開始 2016年4月20日
定礎式
最終打設or盛立終了
試験湛水開始
竣工式
地域行事
そ  の  他
主要職員(役職、氏名、所属会社) 現場代理人:古本浩一(鹿島建設), 監理技術者:寺内健二(鹿島建設),主任技術者:吉田 健二(西松建設)
記入日 2017/3/13
問合先 TEL 0996-21-3335 (鶴田ダム既設減勢工改造工事事務所)
添付写真説明
添付写真1 右岸より下流を望む 2017/2/25 
添付写真2 ダム天端より減勢工を望む 2017/2/25 


トップへ戻る